北欧照明の特徴

インテリアとして人気のある北欧スタイルに合う照明をお探しの方は、必見です。
北欧スタイル家具の大型のインテリアあの進出や、各種インテリア雑誌や、様々媒体で取り
り上げられており、近年人気が高まっています。

それだけではなく、もともと北欧スタイルの家具はシンプルで機能性を重視してデザインされていますので、どんなタイプの照明でも合わせやすいという特徴があります。

でも、北欧スタイルは、元々、ウェーデン・ノルウェー・フィンランド・デンマークで生まれたインテリアスタイルの事をその様に呼ばれており、そのコンセプトは北欧の気候や風土、文化がルーツになっています。

例えば、長い冬を室内で過ごすため、居心地良さを追求しており、基本的に「シンプル&ナチュラル」できて、冬の暮らしでも楽しい気分になるようにカラフルな色使いや、シンプルでモダン、そして自然を感じるデザインで作られる事が多いようです。

特に、北欧照明は、そのコンセプトが色濃く、冬の長い夜を楽しむために、温かみのある光を照らすよう柔らかい、間接照明をよく使っています。

ですので、明るい照明を取り入れる事が多い日本のインテリアでは、アクセントとして、北欧スタイルの間接照明を取り入れる事で、癒しや安らぎの空間作りをする事が出来るのです。
是非、北欧インテリアを基本にお部屋作りをされている人もそうでない人も北欧照明を取り入れてみては如何でしょうか?

北欧インテリアの照明を選ぶ
北欧ライトをもっと探す

部屋の雰囲気作りにインテリアライト

インテリアを考える上で重要な要素は人によって異なります。

大きな家具を最初に決めてから、その家具に合わせて他のインテリアを考える人もいれば、全体のテーマを決めて、そのテーマに沿ってインテリアを揃えていく人もいます。

数ある考え方の中でもインテリアの考え方としておすすめなのが、間接照明などインテリアライトから部屋のテーマを決めていくことです。インテリアライトは数多くの種類が存在していますが、部屋の雰囲気やイメージを印象付ける最も重要な要素になります。

いくらオシャレな家具やインテリアを揃えても、明るい蛍光灯しかない部屋だと、どことなく雰囲気が出ないということはよくある話です。

もちろん、蛍光灯を中心とした部屋作りであれば、よいのですが、落ち着いた雰囲気を出すためには、蛍光ランプより、白熱ランプのあたたかい光の方が雰囲気は出せるのではないでしょうか。

また、インテリアライトを考える上で、重要なのが、そのライト自体のデザインです。部屋の雰囲気に合わせてデザインのよいライトを選ぶようにしましょう。最近では、一人暮らしの男性向けや、女性向けなど、それぞれのライフスタイルにあった照明も多く存在しております。

ネットでもインテリアライトの販売は増えております。部屋のインテリアを考えている方、部屋の雰囲気作りにお困りの方は、大きな買い物だからといって面倒くさがらずにオシャレなインテリアライトを探してみてください!きっと自分に気に入ったライトが見つかるはずです。

インテリアライトを探すならこちら → インテリアライト